就職活動の関門??面接のコツとその対策とは

面接のコツとは何か?

就職活動をしている人は必ず面接を受けますよね。エントリーシートなどは通過するのに面接が通らないと悩む方も中にはいるでしょう。就職活動では面接は避けては通れない関門なのです。では、面接の通過率が高い人はどんな面接をしているのでしょうか。結論から言うと面接の上手な人は話し方が上手い人です。注意したいのは芸能人の様に面白い話が出来ると言うことではなく、話の筋道を立てて自分の言葉で話せると言うことです。新卒の学生など就職活動をしている人の中には面接時の質問回答を用意して丸暗記している人を見かけます。それ自体、悪いことではありませんが如何にもありそうな文章、質問と回答が噛み合っていないなど丸暗記が明らかなのは良くないでしょう。面接官はあなたのことをあなたの言葉で聴きたいと考えていますので出来るだけ自分の言葉で話せるようにしましょう。

面接対策は何をするの?

それでは面接への対策はどのようにしたら良いのでしょうか。面接はどんな質問をされるかは受けないと分かりません。なのでどんな質問にも対応できるように自分の経験や能力を細かく分けて短い文章で答えられるようにしましょう。例えば、大学生活での経験を全て1つにまとめてしまったら、面接官はその中のゼミ活動の話だけを聞きたいのに1から全部話してしまい、他の質問と答えが同じになってしまった!なんて事にもなってしまいますが、部活、サークル、ゼミ、アルバイトなど項目を分けて簡潔にまとめておくと質問に合った回答がしやすくなります。また、詳しく質問されてから詳細を話すことで面接に深みが出て、印象も良くなるでしょう。いかがでしたか。これから就職活動を始める際は参考にしてみてください。

就活の面接では、頭髪・服装・靴といった点が汚れていると清潔感が無いと思われるので、鏡によるチェックを忘れないようにしましょう。