学校で教わるだけじゃだめ!?保育士になるために日頃から気をつけておきたいこととは

学校に通うだけじゃだめなの?

小学生が将来なりたい職業の中に常にランキングされているものひとつに保育士があげられます。女の子に人気の職業で、幼い頃に優しく接してくれた、たくさんのことを教えてもらったと強い印象を抱き、保育士になりたいと思う人も多いものです。

保育士になるためには、基本的には高校卒業後に大学や短大、専門学校に通い、カリキュラムをこなして、卒業と同時に資格を取得できるものが多く見られます。またこれらの学校に通わなくても、通信講座などを利用して、試験を受けて資格を取得する方法もあります。

しかし資格をとることができたとしても、学校では教えてくれないような、現場に出て始めて勉強しておけばよかったと思うものもあります。現場に出ると、覚えることは山ほどあり、日常の業務にも追われるため、できるのであれば就職するまでに、できることは勉強しておきたいものです。

自分で習得しておこう

まず練習しておきたいこととして、ピアノを弾きながら歌を歌うことがあげられます。幼い頃からピアノを習ってきた人であればたやすいことかもしれませんが、これはなかなか難しいものです。学校では基本的にピアノを弾く、歌をうたうと区別され、ピアノを弾きながら歌うことはあまりありません。自宅で練習しておくとよいでしょう。

そしてきれいな言葉遣いができるように、マナーも習得しておきましょう。現場に出ると保護者との関わりも多く見られます。言葉遣いはもちろんのこと、基本的なマナーを身につけておくことで、、保護者の信頼を得ることにもつながります。

保育士の求人を大阪で探したい時には、地域密着型の求人サイトが役立ちます。メールでも相談できるサイトを活用すると、働きやすい仕事もスピーディーに見つけられます。